カテゴリー別アーカイブ: 日記

オランジュリでワークショップ。【1】

6月に、ピーエス工業株式会社さんという企業の企画で、
第七がお芝居をすることになりました。
詳細は随時お知らせしていきますが。
演目は、『夏の夜の夢』。
会場は、ピーエスさんの持ちビルであるオランジュリという建物。
この建物は、熊本市内の唐人町にあるのですが。
外観は、昔 銀行だったという雰囲気をそのまま残して
中に入るとすごく現代的…というよりは近未来的に改装されてあって、
すごく素敵です。
ピーエスさんは、『室内気候』を追求する空調設備の企業さん。
オランジュリ内部も、独自の冷暖房システムが常時稼働していて、とても気持ちの良い空間になっていました。
お芝居の前段階として、この週末はオランジュリにて簡単なワークショップ。
ピーエスさんのスタッフさんにも参加して頂いて、
とても楽しい時間を過ごしました。
何より、こんなすてきなところでお芝居が出来るんだ、ということに
わくわくしましたよ。
良いものを作りたいです。
写真:ちょっとした寸劇を作りました。
シマオと、ピアノを弾くピーエスのジングウさん。
ws1

宮崎『ヨムドラ!』終了です。

2008052623300300-080525_1547~01-small.jpg

というわけで、『ヨムドラ!』本番でした。
戯曲講座から生まれた作品を、九州の様々な劇団がリーディングするというこの企画。
第七は「風の薫る月には」 (作・森永明男)をリーディングさせて頂きました。
本当に色々と勉強させて頂きました。
上演された6つの作品は、どれも ここで生きている人たち の物語で
人が言葉を紡ぐことの尊さを、改めて実感する時間でした。
写真は、第七チームの演出・劇作家・キャストの集合。
作家の森永さんは、戯曲講座のメンバーで戯曲集を出されたり、積極的に活動されているようです。
是非ぜひDrinKで読ませて下さい、とお願いしたら快諾していただけましたよ。
たくさんの戯曲に触れていきたいです。

【演劇大学】第二ステージ開幕。

今日から演劇大学in熊本、第二ステージ開幕です。
一年ぶりに、演出家協会の理事、楽天団の和田さんともお会い出来て嬉しい。
今日は宮崎から来熊のこふく劇場・永山智行さんのワークショップ
『演技は「ある」』ものよ。「する」もんぢやないわ。」。
俳優向けのワークショップです。
スタッフとして覘かせて頂きましたが、
今までにない感じで。
観客(他の受講者)を目の前にして、一分間ただ「そこい居る」というのをやったのですが。
本当に、ひとによってはそれだけでいくらはらってもいいよ、っていうくらい素敵な「居かた」で。
ただいるだけで、その人の生き様を示しているんだなぁと思いました。
特に30代以上の俳優さんは、本当にいるだけでドラマになる。
うーん、続けてなんぼってことなのかもしれません。
明日からは、燐光群の坂手洋二さん・清水弥生さんの演出家向けの講座もはじまります。

山鹿に負けず、長洲も良いとこです

null
会社の日々に戻りましたが。
長洲の消防署?には見張り台というのでしょうか、があります。
天野さんの「トワイライツ」を思い出す。
そういえば、
山鹿でのお芝居の中で王者館の曲がかかったのですが、
あれはすごかった。
一瞬にして場の雰囲気を変える。
曲が流れてきただけでぐっときました。

八千代座初体験について

null
ということで、日曜に行った八千代座!!
ほんとに素敵なところでした。
客席、圧巻。
舞台裏はからくり屋敷みたいで。
大人から子供まで楽しめそう。
社会科見学でこんなところ来たかったな。
次はじっくり見学させていただきたいです。
と、「MISHIMA!」。
すごく面白かったです。
流山児さんのパワフルでシニカルで繊細な感じ、音楽、
天野さんの奇妙な美しさ、滑稽な悲しさ、
夕沈ダンスはさすがに揺さぶられるし、
七緒さんの丁寧さには脱帽。
3日間で作り上げたのかぁと、まさに感嘆(漢字違いますが)。
それから熊本の演劇人らしさ、が出ていた気がする。
短い期間で作るので、役者さんの人となりが余計に強く出るのでしょうか。
そういう意味でも、個性がまちまちで面白かった。
本も、好きでした。
どれだけ崩しても、残る雰囲気。
これが三島なのかと。
笑えるのにどこか切ない作品に仕上がってました。
次は、参加したいな。

山鹿日和

null
演劇大学、
流山児さんと天野さんの「MISHIMA!」の会場、八千代座へ。
土曜から行きたかった…のですが図らずも残業。
日曜18時開演より3時間程早く着いてみたものの、
入口がわからず、入っていいのかもわからず、一時間ふらり。
その途中で見つけた駄菓子屋さん。
素敵でした。
でも、山鹿って意外と都会なんですね。
国道から一変、黄緑の田んぼに囲まれた細道はおぉと思いましたが。
バスで1時間ちょっとだから気軽に行けそう。

【演劇大学】八千代座最終日。

というわけで、発表の日。
この日も休憩もろくにとらず、とにかく稽古。
場面稽古、全体のシーンの稽古、踊り、そしてゲネ。
ゲネをやってみて、の感想はなんだか言葉になりません。
それぞれが、それぞれにやってきたことが、
こんなふうにひとつになるんだ、と。
それぞれのシーンを緩やかに、でもしっかりと繋ぐ夕沈ダンスも素晴らしくて。
わたしたち、すごいもの作ったじゃないか、と素直に思えました。
みんなのことが本当に大好きになる時間でした。
ゲネが終わったら、あとは本番。
緊張しましたが、これならきっと大丈夫、と思えましたよ。
流山児さんは、こんな感じで、もう少し作り込んで、
熊本で有料公演をしたいと思っているそうです。
天野さんも百人芝居がしたい、と言ってましたよ。
熊本でお芝居が生まれる環境が、こうして生まれて行くのか、
うれしいな、と 思いました。
***
はじめ合宿形式のWSということで、毎晩宴会なんだろうと思ってましたが。
蓋をあけてみれば、わたし 一滴も飲んでいませんでした。
部屋で台詞を入れているうちに寝てしまったり、とか。
自主稽古をしているチームもあったし、本当にストイックな合宿でしたよ。
いや楽しかったです。
またやりましょう。

【演劇大学】八千代座二日目。

2008052200300401-080510_1808~01-small.jpg

八千代座、二日目です。
とにかく朝から晩まで稽古。
場面稽古、踊りの稽古、場面稽古。
個人的に。
実は、キャストとして参加することになって、思いのほかせりふも多くて
この日は『台詞が…踊りが…』ということしか頭にありませんでした。
情けないのですが。
でも、広い八千代座をめいいっぱい使いながらの稽古。
色々夢のようでした。
***
お昼ご飯を、シニアチームのナガヤマさんとふたりで素敵なピザ屋さんでとったのですが。
ふたりとも、もぐもぐ食べながら一言も会話せず台本を読んでました。
それも良い思い出です。
写真:ステージから。
真ん中が我らがチーム主役のニシヤマくん、15歳。
右端にちっさくいるのが天野さん。