カテゴリー別アーカイブ: 日記

純粋日記

日記を書きます。
10:00に打ち合わせ1件。
よろしくお願いします。
お昼頃永山さんにお電話して、安否を確認(?)。
その後、100均でポケットサイズの電卓を購入。
いや、今回のこふくさん公演でポケット電卓は必需品だ!と痛感しまして。
で、買った電卓は不良品でした。
めったに不良品とかにあたらないのになぁ、珍しいこともあるなー。
明日お店に行きます。
それから相変わらずシマオさんの家で作業したり寝たり起きたり…。
あぁ、居心地が良くて…ごめんなさいシマオさん。
早く自宅をネットに繋がないと。
浅野いにおさんも少し読みました。
はぁ、天才の人ですね…。
そんなこんないちにちでした。

【こふく劇場・水をめぐる】熊本公演終了。

2008070916000600-080709_0002~01-small.jpg

こふく劇場第11回公演『水をめぐる』熊本公演、無事終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
こふく劇場のみなさまお疲れさまでした。
この後のツアーも、うまくいきますように。
きっとうまくいきます。
***
素晴らしい作品だったのです。
それはもう。
ただ立場上、本番は観れなくて、
それが悔しくて、でも観れない立場ということが光栄でもあり。
複雑な心境です。
打ち上げであべゆうさんにそのことを言ってみたら、
『西米良公演に是非観においで』と言ってくださいました。
すごくすてきなところなんだそうです、西米良村。
行きたいなぁ。
なんとか観に行けないかと画策中です。
***
現地制作としては、ベストを尽くせたか?いや否、という感じで。
色々悔いが残りました。
この経験を次に活かして行きたいです。
相変わらず色々やらかしたりしました。
『指サック事件』とか…本当にすみませんでした。
前職で薄い書類を大量に扱っていて、一日中親指と人差し指に指サックをつけていたのですが、
そのせいかここぞというときに指サックをしていると落ち着く気がして、今回の現場でも着用していたのですが。
それが裏目にでたというか…
あはは。
指サックもときと場合を考えろ、ということです。
意味不明ですね、すみません。
写真:打ち上げにて。おつかれさまでした。

【こふく劇場・水をめぐる】絶賛仕込み中

2008070714300400-080707_1042~01-small.jpg

宮崎からやって来られましたよー
こふく劇場ご一行さま。
ただいま女性センターにて仕込み中です。
本番は明日の18:30から!
19:00 ではありませんのでくれぐれもご注意ください。
あまり開演に遅れないでいただけると…非常にありがたいです…。
それでは皆さまのご来場をお待ちしてますー。

蚊取り線香は夏の匂い

2008070513300300-080705_1313~0001-0001-small.jpg

一週間。
演劇とは離れた生活をさせてもらいました。
昨日は同期の子のために?会社のビーチ+交流会。
残業で参加がだいぶ遅くなり焦りました。
来週はいよいよ「水をめぐる」ですね!
御来場、お待ちしております。
と、明日から永山さんの戯曲講座だし。
今年はどんな作品が飛び出すのでしょう。
***
浅野いにお
北九州支社の紫川さんに短編集を借り、
なんとなく気になって「虹ヶ原ホログラフ」を買って好きになりました。
といっても数冊しか読んだことないですが。
一度読んでみてください。
とアベさんの日記にこんなとこで返信。***
写真:普段買わないようなTシャツ
500円だったのでなんとなく
なんとなく、で過ぎていきます

シマオさんち。

2008070410450300-080704_1039~01-small.jpg

諸事情で、自宅がネットに繋がらなくなりました。
作業ができなくて困ります。
ということで、シマオさんちにお邪魔してPCお借りして作業をさせてもらうことに。
今、シマオさんは会社に行っています。
ひとり他人の部屋で作業をする私。
…楽しいです。
私は臆病なので、他の人の家にひとりでいても何も悪い事できませんが。
シマオさんちは、彼女のイメージ通り(?)可愛いものたちで溢れています。
というか溢れ返っています。
雑貨屋さんができそうですよ?
うちでは味気ない日用品も、ちゃんと可愛いシマオさんち。
***
余談ですが、いいなぁ新しいmacはさくさく動いて。
うちの10年もののcubeさんとは大違いだ。
当たり前ですね。
***
悪いことはできませんが、
ついつい本棚はチェックしてしまう…性分というか。
浅野いにお、好きなのか。
今度貸してください。
そしてこんなところでプライベートの片鱗を暴露してしまってすみません。
写真:ティッシュカバーというのか?可愛い。

『光州5.18』。

体調も比較的よかったし、雨もあがったし水曜日だし1000円だし。
ということで、観に行きました。
光州5.18@シネプレックス熊本
なんだかなぁ、色々考えました。
それはもう、おおいに泣きましたけど。
泣いてください、な演出だったし。
ヒューマンドラマ、というコピーだったし。
完成度の高い、見応えのある映画だと思います。
でもですね、
うまくいえませんけど。
人はいずれ死にますよね。
事故で、病気で、天災で。
死ぬのは仕方がない。
でも人に殺されるのは嫌だ
人を殺すのも嫌だ
人が人を殺さなければいけない状況は嫌だなぁ。
あぁ、すみませんネタバレしますけど。
ラスト、投降して欲しかった、どうしても、生き延びて欲しかったです。
***
なんだかやるせない気分になって、全然ちがう毛色の違うものが観たくなって、
18歳の頃観た『ヴァージン・スーサイズ』を今観たらどうかな
とか思ってツタヤに行ってみたけど在庫整理かなんかで置いてませんでした。
あれも死ぬ話だけどな。

俺は好きさ東京。

現在、亀井さんはFPAPさんの企画『観劇ディスカッションツアー』に
参加させて頂いて、東京に行ってますね。
3日間で4本観劇、それもいずれもクオリティが保証されているものばかり。
非常にうらやましいですね。
この企画に参加する為に、劇作家・演出家になろう!とか思う人もいたりするのでは。
あはは。
関係ありませんが、タイトルはエンケンです。
エノケンじゃないですよ。

木内さんのとめばあちゃん。

2008063019450400-080628_1539~01-small.jpg

こふく劇場『水をめぐる』のチラシを持って、THEちゃぶ台 の公演を観に行きました。
会場は尚絅大学の講堂。楡木にあるんですね。
バスで行ったのですが、すこし遠くてドキドキしました。
今回の公演は、尚絅大学の同窓生さん向けのものだったのですが、
一般の方も観劇OKということで、私も観させて頂きました。
木内さんのとめばあちゃんを観るのは何回目かなぁ。
はじめて観たのは一人芝居でした。
3年くらい前、南阿蘇の古民家を改装したカフェで。
のんちゃんと亀井さんと観に行って、帰りに3人でジョイフルですごかったね!
と興奮気味に話したのを覚えてます。
それから女性センターで観て、熊本リージョナルシアターで観て。
何回観ても、一人芝居でも相手役がいても、とめばあちゃんはとめばあちゃん。
すぐ近くにいて、ひょっこりと顔を出してくれそうなおばあちゃん。
本当に可愛いです。
何回も上演されているし、筋をご存知の方も多いかと思いますが、
一応以下ネタバレありで。
************
私、このお芝居で、とめばぁちゃんがラストに
『片桐隊員、縲恁繧・A押せ!』と言った後あとの、ばあちゃんがふぅ、となる瞬間がとても好きです。
上手く言えませんが、この瞬間を観れるなら何度でもこのお芝居を観たい、と思う
そんな一瞬です。
写真:終演後、差し入れのメロンを持つばあちゃん。

水彩色鉛筆

null
ちいさいころから憧れていた水彩色鉛筆。
昨年のクリスマスあたりに手に入れていたのですが、全く使用しておらず。
やっと描き出しました。
が。
使い方がむずかしい。
固形絵の具的に使えば普段通りですが、
先に色鉛筆で描いて・・・は思うように行きません。
たくさん描いて慣れることが近道かな。

水をめぐる、のこと

こふく劇場
みなさん、こふく劇場を知っていますか?
九州の南・宮崎から、北・本州でも名の知れた劇団さんです。
戯曲も、役者も、美術も、ぐっと心にきますよ。
・・・なんて言うと恥ずかしいですが、
ほんとにとても素敵な劇団なのです。
第七メンバーも、よく宮崎まで観に行ったりしております。
で、今回は”初”の熊本公演。
ぜひぜひ、たくさんの方にこの劇団の存在を知っていただきたいと思います。
そして今後も「熊本公演は必須」になれば、と思ったりしています。
どうぞ皆様、お誘い合わせの上ご一報くださいませ。