カテゴリー別アーカイブ: 日記

福岡-八千代座-熊本

3連休、みなさんいかがお過ごしでしたか?
私は行って来ました、一日一芝居。
金曜は福岡、非・売れ線系ビーナスさん。
土曜は八千代座、劇団黒テントさん。
日曜は熊本市内、劇団石さん。
それぞれ趣向の違う舞台だったので
続けて観ることでそれぞれをより楽しめた気がします。
黒テントさんは今もツアー真っ最中。
今日も福岡、それから京都・大阪・郡山・金沢、と。
詩的で、でもけして表面的ではなくて、
とても苦しくて切なくて楽しい舞台でした。
是非可能な方はご観劇を。。。
と、余談ですが日食らしいですね。
体験できるといいな…。
20090722-090718_1824~0001-0001.jpg
※写真は八千代座入口。
 こういうチケット売り場って
 存在にもう物語性がある気がしていいですね。

黒テントさん、八千代座

ご無沙汰してしまいました。
今週末は演劇三昧!
金・土・日と観劇予定です。
土曜はあの黒テントさんのお芝居を八千代座で、です。
楽しみ。
公演情報は下記の通りです。
*****
劇団黒テント
『新装大回転玉手箱』TOUR
熊本公演 in 八千代座
昨日と今日の
あたしは違うって言うけど
あなただって随分違ったわ
角度は違うし早さも違う
跳ねるのなんて初めてじゃない
クルクルクル
ああ大回転
どちらがそちらでこちらがあちら
確立変動 玉遊び
出しすぎちゃってごめん
作:坂口瑞穂
演出:出演俳優陣
音楽:磯田収(ex モダンチョキチョキズ)
◆場所
熊本県山鹿市山鹿1499
八千代座
日本を代表する劇場で、若い黒テントが暴れる。
◆日程
7月18日(土)
19時開演
※開場は開演の30分前
チケット料金
一般前売 3,500 円
学生前売 2,500 円
一般当日 4,000 円
学生当日 3,000 円
*****
おすすめです!
皆さんも是非。。。

鳥の劇場「剣を鍛える話」

2009070721150200-090707_2106~0001-small.jpg

土曜に団員みんなで宮崎へ。
鳥の劇場「剣を鍛える話」を観劇。
作・魯迅。
圧倒されました。
絶えることのない緊張感。
視覚、聴覚、感覚。
しっかり遊んであって、けれど緻密で。
ちゃんとわかるように浮き立たせて、抑えて。
眉間尺を演じられた中川さん、凄かった…。
特に後半が軽快で好きでした。
すごくバランスが良かったというか。
今回は元々が奇怪なお話でしたが、
鳥の劇場さんのもっと別のお芝居も観てみたい!
写真は「鳥の劇場通信」という機関紙?で、
ロビーで配られていたもの。
色んな公演の写真が!
さらに観たい気持ちが増しました。
中島さんがポストトークで言われた、
「未来を豊かにするために、劇場に足を運んでください」
にぐっときましたよ。

飛ぶ劇場の、銀河鉄道

実は先週末行ってきました。
飛ぶ劇場「睡稿、銀河鉄道の夜」
北九州プレビュー公演。
すごく良かったです!
大手町練習場、
その部屋だけ全く別の空間になったようでした。
お客さんとの一体感。
照明が入ったらまた全然違うんだろうなぁ。
うたがすごくよかった。
いつも思うのですが、
CDとか、作ってほしい。
そしてラストがとにかく良かったです。
もともと好きなお話だけど
なるほど飛ぶ劇の銀河鉄道、でした。
今週は札幌公演。
お近くにお住まいの方は、是非、です。

演劇と音楽と、を気軽に

週末のことですが、県立美術館へ。
20090614-090614_1754~0001-0001.jpg
ルネサンス-バロック-ロココ。
時代の変遷が絵に表れるのが面白かった。
宮廷画家、という存在。
ロビーでコンサートがあっていました。
すごく素敵な空間で。
あ、ここで演劇的なこともやってみたいな、
と思ったのですが…。
音楽はどこででも、誰でも楽しめる気がします。
「誰でもきいたことのある曲」は結構ありますよね。
学校教育に取り入れられているから共通の教養たり得る。
でも現代の演劇で、「みんなが知っている演目」なんてない。
途中から見ても楽しめる、というのも難しいし。
知っている話なら途中からでも楽しめるのか?
なおかつ年齢問わず楽しんでもらえるもの…。
童話とかをモチーフにしたらいいのかな。
とか考えてました。
考えが足りないなぁ…。
でも、足りなくてもそういうこと考えていかないとですね。

ちはさんライブ

昨日は宮崎こふく劇場女優・上元千春さんのライブでした!
河原町のADOさんにて。
20090614-090613_1841~0003-0001.jpg
すごい良い場所でした。
熊本にこんなところがあるなんで全然知らなかった。
近くの路地とかも、ほんとすごく良い。
20090614-090613_1840~0003-0001.jpg
制作は阿部さん(雨傘屋)。
おつかれさまでした。
ライブ。
「上元千春」
という存在にとにかく惹き付けられる、そんなライブでした。
演劇舞台でのちはさんとは違う、
でもまぎれもなくその人である、
そんな”一人”の存在がそこにありました。
…また行きたい。

サルトル、サルトル

サルトルを勉強したいです。
「私の可能性」「まなざし理論」
詩的なところもいい。
のにすごく厳しいというか…分析が徹底していて。
粉々に砕いて再構成。
普遍的なことって、ありふれているからこそ
明確に理解するのが難しいですが、
それをきちんと分類して
言語化して一つ一つ立ち上がらせているというか。
まだまだ全然理解できていないので
具体的な発言は割愛。
サルトル、生き方もかっこいいしな。
戯曲もたくさん書かれているそうで。
それも読みたい。
「実践」
未来の全体へ向かって現在の状況を
「乗り越える」弁証法的な世界への関わり

夏の麦茶と王者舘

2009060407312200-090603_2250~0001-0001-small.jpg

いつも水なのでたまには…と買ってみたのですが麦茶。
うまい。
「懐かしいもの」の代名詞ですよね。
先日読み合わせをした「くだんの件」に麦茶が出てきてちょっと気になっていたのです。
天野さんの作品はいつも「懐かしい」気がする。
ロジカルだけどセンチメンタル。
知的に感傷的というか、個人的で客観的というか。
突き詰めて裏返る感じ。
…何を言ってるのかよくわかりませんね。
少年王者舘、今年は本公演されるそうで。
観に行きたいなぁ…。

岸田國士をよむ

最近第七では岸田國士ブームです。
この間の稽古では
「古い玩具」「驟雨」「灯ともし頃」…
一気に色々と読み合わせしましたよ。
言葉がしゃんとしていて素敵です。
現代の会話って言葉を尽くして行われる気がしますが、
無駄な言葉が一切省かれている、という印象。
関係や心境の微細な変化が
台詞一言一言でスッっと表現されていく。
ので、理解が追いつけなかったりするのですが
あ…さっきのこういうことだったのかな、
とか後で思えたりして面白いです。
数年後にまた読んだら、
解釈とか受ける印象が全く違うんだろうな。