カテゴリー別アーカイブ: 日記

黒燕尾

黒燕尾の女性が大好き、紫川です。
喪服よりストイックで危ない色気があると思いますね。
金曜日にこっそり、全然こっそりではないんですがコンサートに行ってきました。
西本智実さん指揮の、九響とヴェラドーナ・コヴァーチ(ピアノ)さんのです。
すごく良かった~!
眠くならないクラシックコンサートなんて初めてでした!!
演目は
グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ パガニーニの主題によるラプソディ 作品43
チャイコフスキー 交響曲第4番 作品36
でした。
どれもドラマチックで聞きやすいもので構成していたのかなという感じ。
西本さんがとにかくかっこよくて、曲が最後激しく盛り上がってバン!と終わるときなんて特にぞくぞくしました。
専門的には全然分からないけど、オペラとか西本さん指揮で聞きたいとすごく思いました。
クラシック聞いてて眠くなるときって、大抵「音」に聞こえてる時なんです、私の場合。
でも良い演奏だと思えるときは、『声』や『歌』『言葉』に聞こえて楽しい。
今回は『物語』でした。
イメージがどんどんスライドのように押し寄せてきて、全然退屈しなかった。
身が震えて、文字通り感動して泣きそうでした。
ラフマニノフの、不協和音ぎみのまさに狂想曲っぷりが、ピアノとオケがまとまっていて邪魔し合わないしすごい奥行きで。
ピアノの人も、華奢な女性なのに、重厚な音を叩き出していて意外でした。
指揮のスタンスも様々で、指揮者によって受ける印象って全然違いますよね。
西村さんはスッと、涼しい顔で支配していました。
オケの一体感、まとまりが半端なくて、でもこじんまりしないで。
細い手に操られて紡がれて行く音が気持ちよかったです。
頭は冷静で、身のうちには炎が燃えていて、あまりにさりげなく支配していて、西本さんは背中にドラマを背負っている様。
音に身を任せていたり、闘っていたり。
チャイコフスキーの曲なんて45分もあるんですよ?
最後まで集中して聞けたのは、自分でも吃驚して、でも納得でした。
まぁ若干ミーハーな部分も否定できませんが~
CD買ったら西本さんにサイン&握手してもらえるとアナウンスで初めて知ってダッシュで売り場へ。
CDは2800円。
所持金は2600円ぽっきり。
…でも近くで生でじっくり見れましたよ。
澄んだ空気を纏っている人なんだなぁとほっこりしました。

プレビューでした。

2007072900302700-070728_1535~02-small.jpg

インターチェンジのプレビューでした。
ご来場下さったみなさま、本当にありがとうございました。
プレビューというより、公開予告編の様を呈していました・・・。
8/11@長洲公演のときには、完成版をお見せできますので。
ご来場お待ちしています。
積み込み縲恷d込み縲怎oラシのシュミレーションができるのはいいですね。
写真:今回のセット、の一部。あおりで。

夜の作業、昼の作業

2007072816322700-07-07-28_03-03-small.jpg

昨日は(今日)朝4時過ぎまで作業。
延長コードに蛍光灯をつくる図。
その前数日間はひたすら木材を測って切って組んでご飯を食べて、でした。
睡眠は問題ですが、こういう「つくる」作業っていいですね。
形が自分の手でできてくるのが目に見えてわかる。
チョークの時はあまりつくりものを手伝えなかったので
自分の触っていない舞台、という感じで不安だったのですが
今回は大丈夫なようです。
そして今日は硯台公民館で舞台をくんでの公開稽古。
今仕込みの真っ最中です。
がんばります。

集う

久しぶりにきららさんの稽古場へ。
新人発表会のリーディング公演を観に行きました。
公演もおもしろかったし、
久々に会う人達と話せて嬉しかった。
ふだん、人と話をしない という状態が全く苦痛ではないので
ほっておくとどんどん引きこもってしまいます。
それ制作としてどうなの?って感じです。
そもそもどうなのってところだらけなのですが…。
人が集う稽古場っていいなー。

あついなつ

2007072521023500-07-07-25_20-25-small.jpg

稽古場。
ここには、冷房器具と名のつくものは扇風機しかありません。
夜はいいけど昼は拷問。
これからますます暑くなるのでその前になんとか…。
夏を乗り切る方法、何かないですかね?
ちなみに個人的には氷枕を入手しました。
クーラーをつけるより効果的な睡眠が手に入る、という噂。
まだ試せていないので楽しみです。

ねむいだるい

2007072422454700-070724_1857~01-small.jpg

なんでこんなに眠いのか…。
つい電気をつけっぱなしで寝てしまうのがいけないのでしょうか。
写真:カフェイン。あまりにねむくてだるいので今日は二回服用しました。
それにしても、仕事が遅いのは制作としては致命的だぞ。
気をひきしめろ自分だ。

ライフ・アフター・パンクロック

ちょろっと立ち寄った稽古場で、
ケラさんのエッセイ『ライフ・アフター・パンクロック』をみつけて
(第七の主宰氏は高校生の頃からの有頂天ファン)
ぱらぱらと読んでいたらおもしろくてつい読破。
雑誌のコラムだったというだけあって、
時代の空気感が濃厚で
私は80年代の音楽・映画・お芝居とかほとんどリアルタイムで体験していないので
感覚的にわからないことも多いのですが。
それでもおもしろい。
なにより今の私と同い年くらいだ、というところに感慨。
有頂天やって劇団健康やってナゴムレコード主宰して。
借金を抱えて。
巻末小説がものすごくセンチできゅんとします。
ケラさんの、あの独特の
グロさとセンチさ
マニアックさとポップさ
の同居ともいうべき感じが堪能できて、楽しい本だと思います。
絶版だそうなので、古本屋でみかけたら是非。

あくびをしたら

アゴが外れそうになりました、紫川です。
現代演劇のフィールドワークという本を読んでいるのですが。
そのなかで、劇団員は身銭を切って活動せざるを得ない状況云々、というくだりがあって。
つまり芝居で「食べれる」ようになることの難しさと、続けることの大変さみたいなことを思いました。
あと劇作家について、寡作・多作問わず公演スケジュールにあわせて作っていくことを要求され・・・とか。
改めてすごく危うい均衡の上に成り立っているなぁと思ったりしました。
知らないうちに、つらくてきついことを負ったり負わせたりすることはあるんだろうし、ただでさえ二重生活というか、
色々2倍であることだし。
もちろん大変ばかりじゃないから続いていくのでしょうけど。
つまり業界全体的にほとんどの劇団員が働きながら活動しているわけで、それは生半可なものじゃないな、すごいなと思う次第です。
同時に厳しい世界だな、と。
文章や数字で具体的に現状を示されると、そういうことを認識できますね。
私の母は「ちゃんと働いた方がいいよ」「ちゃんとしないとね」とよく言います。
父は「休んだら、ゆっくりしたら」とよく言います。
昔は分からなかったことが、少し分かってきて、昔は(若干)馬鹿にしていた二人を素直に尊敬できるようになったり。
地に足をつけて生きている「普通」の人になりたいです。

眠気打破

時間もお金もないんだったら、
睡眠時間を削るしかないじゃないか。
しかし、自宅に帰るとついリラックスモードになってしまい
作業がすすみませんな。
困ります。
どうして眠くなるんだろう。
転回社では、ただ今 カフェインの錠剤が流行中。
即効性があっていいみたい。
眠気だけでなく落ち込みにも効くみたい。
というか、持っているだけでいざとなればこれを…
と思える安心感があるみたい。
摂りすぎには注意しましょう。