サルトル、サルトル

サルトルを勉強したいです。
「私の可能性」「まなざし理論」
詩的なところもいい。
のにすごく厳しいというか…分析が徹底していて。
粉々に砕いて再構成。
普遍的なことって、ありふれているからこそ
明確に理解するのが難しいですが、
それをきちんと分類して
言語化して一つ一つ立ち上がらせているというか。
まだまだ全然理解できていないので
具体的な発言は割愛。
サルトル、生き方もかっこいいしな。
戯曲もたくさん書かれているそうで。
それも読みたい。
「実践」
未来の全体へ向かって現在の状況を
「乗り越える」弁証法的な世界への関わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA