めぐりめぐっていきていくーこふく劇場『水をめぐる』のこと。

しつこいように書いていますが、こふく劇場さんの熊本公演があります。
京都公演は既に終了していて、とても好評だったようです。
今日から宮崎の三股町公演ですね。
現地制作の特権(?)で、本を読ませて頂きました。
うぅ、すごい。
深い。
どんな風にもとらえられそうで、どんな風にとらえても許してもらえるような懐の深さを持っているような。
永山さん、本当に自信作なんだと思います。
※超・個人的なことを書きますが、最近本を書いてみたいと思っていて、
でも『水をめぐる』を読んで私の書こうとしていることなんてうんこみたいなものだなぁ…と思いました。
落ち込む、とかじゃなくて逆に元気が出る感じだ。
そんな感じで、『水をめぐる』熊本公演。
お隣の福岡からも観に来て頂けるとうれしいなぁなんて。
いや、これを観ないで何を観るの???という作品ですから。
後悔しても、遅いですから。
そんな熊本公演の詳細はこちら↓
http://blog.tenkai.org/item_713.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA