DrinK-永山智行氏日和

阿部さんが晴れを願ってくれましたが、見事どしゃぶりでした。
が、雨の中予想に反し参加者多数。
亀井・阿部が東京に行っておりますので私が戯曲を決めていい!ということで、
もうこれは是非、とこふく劇場の永山さんにお願いして戯曲を提供いただきました。
(突然のお願いに快くこたえてくださり、ありがとうございました)
リーディングしたのは「隣の町」と「空の月、胸の石」。
3チームにわかれてやったのですが、いずれも切り取った15分だけでぐっとくる作品で。
参加者の皆さんからも好評でした。
今回は移動や椅子の向きにも大きく工夫。
自由にやれたのではないかなと。
フィードバックでもちょっとした議論?になりましたが、
やっぱり”リーディング”の線引きは難しい。
でもだからこそ、面白い、ですよね?
個人的には永山さんの作品を色々見れただけでも満足です。
やっぱり、とても”良い”劇作家さんだなと思いました。
と、そんなこふく劇場、7月に熊本で新作公演があります!
転回社で制作行っておりますのでどしどしご連絡ください。
こちらから稽古風景も覗けますよ↓
http://cofuku.cocolog-nifty.com/blog/
7月からは永山さんの戯曲講座開催、劇団石の「トリオ」(作:永山智行)上演も。
こふく劇場、是非一度チェックされてみてください。
null
写真:やっと出番盛りをむかえた長靴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA