ゆうぐれの光と陰

『トワイライツ』をDVDで観ました。
映画でも、お芝居でも、やっぱり天野さんなんだなぁと思いました。
一瞬一秒のコラージュが永遠をみせてくれるという
さみしくて優しい。
不思議でこっけいで。
人は死んでしまうのです。
死んでしまったら、
夏の朝、蝉の声で目が覚めてから嗅ぐ草の臭い、とか
ああいう感じ はどこに行ってしまうのでしょうか。
と、最近読んだ樹村みのりさんの漫画にもそういうテーマがあって
なんとなく重なるところがありました。
***
閑話休題
稽古場にはクーラーがなくて
雨の日も開け放して稽古とかしていたら
畳にカビが生えました。
ということで大掃除。
古い家はメンテナンス大変だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA