地元話

むらさき食堂でラーメンを食したぞ、紫川です。
↑北九州芸術劇場というかリバーウォークにあります。
「いとこ同士」というお芝居を見ました。
坂手さんのアフタートーク面白かったです。
佐野史郎さんの怪奇俳優の演技手帖という本を以前読みました。舞台上の佐野さんが一番輝いている、と思う。
若松にある旧古河鉱業ビルにも下見に行きました。
戸畑渡場から船で三分。
素晴らしい建物…!!
北九州市といっても、行動範囲は小倉なので八幡、門司、若松、ほとんど馴染みなし!わーい
行く必要性も時間も全くなかったんだと改めて知る。
すべてが家から電車で15分圏内で完結。
小倉から電車で二駅の門司港やバスと船で30分程度の若松も、「遠い所」。
客観的に見ると変な感じ。
物理的にはともかく、感覚的には大阪や京都、山口は近い。すぐ行ける。
逆に宮崎とか、阿蘇とか遠い感じがします。腰が上がらない。
馴染みがないってそういうことなんだなと思います。
だから何だ、ってことですけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA