5/14・15 in.K. Musical Studio 2016春季公演

この度は、地震による様々な被害に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
また、各方面からのお見舞いのお言葉など
誠にありがとうございます。

in.K. Musical Studio 2016春季公演につきましても
5/14・15にて開催する運びとなりましたので
ご案内させていただきます!

急な開催となりますが、お時間のあられます方は
是非ご来場くださいますようお願いいたします。

※余震等の影響により、当日公演中止とする可能性がございます。
 また、非常時には公演途中でも中止させていただく
 可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
 中止の場合は、転回社通信(http://blog.tenkai.org/)や、
 Twitter(https://twitter.com/tenkaisha)にてご案内いたします。
 ご来場の際は、ご確認ください。

******公演詳細******

in.K. Musical Studio 2016春季公演

第一部 ミュージカル「シベとワラ」
第二部 文学ミュージカル「羅生門」
+ comicoミニコンサート

日時:
5/14(土) 13:00~ / 16:00~
5/15(日) 11:00~ / 16:00~
※開場は開演の30分前です。
※5/15昼の会を13:00~でご案内しておりましたが、
 11:00~となります。
 大変申し訳ございませんが、
 ご注意くださいますようお願いいたします。

会場:
Studio in.K.
(〒862-0949 熊本市中央区国府1-21-3ブラザービル3階)

料金:
一般 1,000円
高校生以下 300円

※安全のため客席数に限りがございますので
 お早めのご予約をお願いいたします。
※ご予約を希望の方は、転回社in.K.へ
 ①お名前②希望日時③枚数④ご連絡先をお知らせください。

●第一部 ミュージカル「シベとワラ」

シベリアとワラビーは二人暮らしの姉弟。貧乏で両親とは離ればなれになってしまい、やっとの思いで暮らしている。懸命に働く姉・シベリアの「一度でいいから舞踏会に行ってみたい」という願いを知り、弟・ワラビーは毎日女神様にお祈りしていた。するとある日、女神様が現れて…!?
大胆なストーリー展開で魅せる!in.K.製「わらしべ長者」を、ミュージカルの名曲とともにお届けします。

●第二部 文学ミュージカル「羅生門」

平安時代、荒廃した都の羅生門の下で途方に暮れる一人の下人。いっそのこと盗賊になろうかとも思うが、勇気が出ない。そんなとき、羅生門の上へ梯子を登ると、そこには一人の老婆がいた。―――
芥川龍之介作の同名小説を、クラシックの名曲たちと共にミュージカルに!冬季公演からさらにパワーアップしてお届けします。

●comicoミニコンサート
2015年のKomatsuno Unit「Musical Kaguya Hime?」で出会った小松野希海と岩切舞子がユニット結成!
ドラマティックな歌声を、ピアノの音色がときにはそっと支え、ときには華々しく彩る…。2人の絶妙なハーモニーをお楽しみください。

転回社in.K.
MAIL:ink@tenkai.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA