鳥取日記*1

10月からゴミの有料化ですね。
第七インターチェンジでは本日稽古場の大掃除を行いましたよ。
***
さて、鳥取。
振り返って日記ですが、
少しでも鳥取公演参加の感覚や鳥の演劇祭の素晴らしさが伝わればと…。
***
まず、熊本出発は18日23:30でした。
車中は思いのほか終始なごやか。
10時間以上に及ぶ運転を久枝さんが一人で!
ありがとうございました。
到着した鳥の劇場は、
もう目にした瞬間に懐かしさを感じてしまうような
素敵な景色に囲まれた素敵な場所でした。
20090929--8.jpg
関係者の方々もみなさん笑顔で迎えてくださって。
緊張するというより、なんだかほっとしたりして。
そしてさっそく観劇。
ルーマニア、トマ・カラギウ劇場「三人姉妹」は
とにかく刺激的でした。
言葉と動作・表情とを個別に観ているような印象。
だからこそ見えてくるもの、が面白い。
鳥の劇場「老貴婦人の訪問」は、
やはり迫力、完成度に圧倒されました。
突き詰められたものが突き付けられる、臨場感。
夜はウェルカムパーティー。
たくさんの方々のお顔を知って、声をきいて。
ルーマニアの方々ともお話しできたし。
パーティーの後はみんなで星を観る会が開かれたりして。
充実した一日目でした。
20090929--7.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA