鳥の劇場「剣を鍛える話」

2009070721150200-090707_2106~0001-small.jpg

土曜に団員みんなで宮崎へ。
鳥の劇場「剣を鍛える話」を観劇。
作・魯迅。
圧倒されました。
絶えることのない緊張感。
視覚、聴覚、感覚。
しっかり遊んであって、けれど緻密で。
ちゃんとわかるように浮き立たせて、抑えて。
眉間尺を演じられた中川さん、凄かった…。
特に後半が軽快で好きでした。
すごくバランスが良かったというか。
今回は元々が奇怪なお話でしたが、
鳥の劇場さんのもっと別のお芝居も観てみたい!
写真は「鳥の劇場通信」という機関紙?で、
ロビーで配られていたもの。
色んな公演の写真が!
さらに観たい気持ちが増しました。
中島さんがポストトークで言われた、
「未来を豊かにするために、劇場に足を運んでください」
にぐっときましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA