子どもの舞台は子どもが主役

昨日は説明会後に亀井が昨年の夏に演出した
「大銀杏のてっぺんで」
のDVDを観たのです、久しぶりに。
振り返ってみると、改めていい舞台だった。
子どもたちが、子どもたち自身としてそこにいるということ。
「舞台上に今存在する」ということを、皆しっかりと背負っている。
小手先の技術ではない「そのまま」の存在が、
この舞台を作っているのだなと。
大人になってその道を極めようとすれば「技術」が身につきます。
そうして作り上げる舞台も良いけれど、
体当たりで自分の存在をつきつけてくる姿にただただ感動。
それってすごいことだよ。
今後の自分たちの舞台での在り様を問われた気がしました。
舞台ってやっぱりいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA