黒テントさん演劇WS@県立劇場

本日、無事開催されました。
現地制作の私は、…なんというかもうしんでいる状況で
制作の宮崎さんにも担当の山中さんにも頭を下げてばっかりで
とうとうこの日が来ましたよ という感じなのですが。
WSではじめて県劇の音楽リハーサル室を使用しまして。
参加者は10名。
いや。ふたをあけてみれば、大いに盛り上がって、
かつ内容の濃い素晴らしいWSができたと思います。
最初の1時間の肉体訓練では、もう死ぬかというほど走らされ。
そのあと、身体を使ってモノを表現する、
そして風景を表現する。
ラストでは2チームにわかれての、人間はの出演は2名までに限定されての、
・場所 ・事件 を設定して寸劇を作るというもの。
13:00縲鰀17:00まで、身体、もしくは脳みそをフル稼働して、
つらくて気持ちよくて楽しいWSでした。
黒テントの全体制作をされている宮崎さんは、
WSファシリテーターとしても第一人者の方で、
内容に関しては安心してお任せできる方でした。
そしてなんというか、こんなだめ制作の私にも
きちんと誠意を持って対応して頂いて、本当にありがたかったです。
***
講師としてこられていた黒テント座付き作家の坂口瑞穂さんは、
今私がいちばん好きな作家さんのひとりなので、
(以前博多『鉄砲玉』のときにはサインも頂きました><)
なんだか恥ずかしすぎてまともにお話もできませんでしたが、
最後に握手をして頂きました!
そんなこんなで、私がしんでいたにも関わらず
(そんな大事なときにしぬな!…今後の課題です。)
色々とご協力頂いたみなさん、
参加して頂いたみなさん、
黒テントのメンバーのみなさん。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA