09年になって読んだ本。

『美少女』吉行淳之介
こういう軽いタッチのエンタテイメントが好き。
当時から都会派といわれていたわけですが、
お洒落は時代が巡ってださくなりますが、
今読んでもおしゃれだなぁと思えるのは、才能でしょうね。
しかしこの人、
四六時中 男とか女とかセックスのことばかり考えて頭おかしくならなかったんでしょうか。
私には無理だ。
『おしまいの日』新井素子
新井さんの本をちゃんと読んだのははじめて。
おもしろかった。いたいたしくて好きです。
最後の手紙の最後の文章で、号泣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA