星の王子さまとお酒と戦争と市民

忘年会

「星の王子さま」

送別会

戦争と市民
と、金曜からバタバタ。
酒、芝居、酒、芝居でした。
飲み会って苦手ですが、さすが年末。
***
「星の王子さま」(きらら・ぽんプラザ)
よかったです。
好きなんです星の王子さま。
かわいらしくて切なくて哲学的で。
ぐっときます。
きららさんの良さ、というか、味、というか、
そうか、これがきららのすごさなんだ。と改めて。
お話が好きだからということでなくて、
私は今までのきららさんの作品の中で一番好きでした。
役者さんそれぞれがそれぞれで、
でもだからバランスがとれていて。
こういう「集団」を目指したい、と思います。
衣装も舞台もおとぎの国にいるようで素敵でした。
***
「戦争と市民」(燐光群・イムズホール)
ああ、さすが。
今、この社会で何が起きているのか。
過去、どういうことが起こって今があるのか。
恥ずかしいですが私はあまり知りません。
こういう形でそれを知ること、考えること。
伝えること、考えさせることができる舞台。
そしてやっぱり渡辺美佐子さんは凄い。
ずっと見ていたい。
メッセージを受け取ったら、
それを誰かに伝えなくちゃいけない。
が一番ぐっときました。
***
そして第七ミーティング。
最後にクラフトワーク?のDVDを観ました。
うん、すごい。
色々勉強しなくちゃなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA