『スラーヴ』久留米公演、終了。

2008111313000701-081107_1057~01-small.jpg

いったん打ち止めの『スラーヴ』。
久留米公演、無事終了しました。
会場は、久留米の商店街『一番街』のアーケード内の空き店舗。
もとは毛糸屋さん、だったみたいです。
昭和の雰囲気が漂う、とてもすてきな会場でした。
装置も、ふつうのホールとは違うので立て込むのにかなり苦労しましたが、
それでもなんとか『スラーヴ』の舞台だ、といえる空間に仕上がり。
乗りうちだったのでもう怒濤の一日でしたが、
楽しくてしんどくて、貴重な経験となりました。
本番は、久留米の方に加えて博多から朝日新聞の佐々木さん、
アートマネジメントセンターの糸山さん、
『福岡演劇の今』の薙野さんなど、演劇に濃い方々も観に来てくださって。
ポストパフォーマンス・トークが異常に盛り上がりました。
こうやって、率直に疑問をぶつけてくださるのって、ありがたいです。
今年も声をかけてくださった上野さん、ありがとうございました。
写真:会場の空き店舗の入り口付近にある壁画?かっこいい。と、久留米の制作さん、上野さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA