大分市に小劇場をつくる会

fringe blog高崎さんの記事ではじめて知りました。
大分駅近くに複合文化施設が出来る予定、なんですね。
熊本の住人になって9年経ちますが、私は大分県出身です。
といっても、杵築市というはじっこの方で割とマイナーなところに住んでいたのですが。
中・高生の頃、よく市内に遊びに行ってました。
片道一時間かけて、電車で。
あの駅の近くにホールができる。
これは是非、高崎さんも書かれているように、
キャパの200以下の小劇場をつくって頂きたいものです。
何年かぶりに大分市内に帰ったときは、
中心街の閑散ぶりに愕然としたものでしたが。
こじんまりとした小劇場ができて、
若者の文化がそこからどんどん発展していけば、
もっと市内も賑やかな感じになるんじゃないかなぁ。
大分市に小劇場をつくる会
出身者としては、応援していきたいです。
***
余談ですが第七には設立当初大分出身者が多く、
もう何年も前から大分公演した方が集客できるんじゃない?
なんて話してました。
熊本で活動しているくせに、熊本出身者がほとんどいない劇団。
流れ者のふきだまりですか。
閑話休題。
***
亀井さんの出身地、久留米では去年公演したし、今年もするし。
しまおの勤務地の近くの長洲でもやったし。
大分公演、実現させたいです。

「大分市に小劇場をつくる会」への2件のフィードバック

  1. こんばんは!
    今頃のコメント書き込み、申し訳ございません。
    「大分市に小劇場をつくる会」で活動をしています、演劇集団P-nutsのるぅと申します。
    力強いお言葉、ありがとうございます!
    まだまだ完成まで先の長い活動ですが、頑張っていきます。
    そして、劇団第七インターチェンジの皆さまに、「ちょっと大分でもやってみるか」と気軽に(というと失礼ですが)公演に来ていただける施設になったらな~と思います。
    そのためにも、頑張ります。はい!!

  2. コメントありがとうございます。
    劇場の問題は熊本でも重要課題です。
    大分での皆さまの活動にはすごく勇気づけられます。
    大分でも是非公演したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA