ゆめ劇→劇団石「トリオ」

ゆめ劇場、終わりました。
「新たな時代きりひらこう」
ああ、この子たちの時代がくるのだなぁ、と。
子どもってすごいです、やっぱり。
この経験は子どもたちの中に残り続けるのだろうな。
子どもが芸術に携わる機会がもっと多くなればいいと思います。
***
null
そして、昨日は劇団石「トリオ」を観に行ってきました!
一昨年第七でも上演した作品。
こふく劇場・永山智行氏執筆。
「あの時はこうしたなぁ」とか、
「へぇ、そうするんだ」とか、
「今だったらこうするかなぁ」とか。
だめだめ、ちゃんとこの芝居を楽しまなくちゃ!と何回も引き戻しつつ。
ちょっと芝居に集中できてない感じで申し訳なかったですが・・・。
普段自分たちのやった作品を別の方々がされるのって観ないので、
とても面白い経験をさせていただきました。
年齢も違うし、劇団の色も全然違うので、新鮮でした。
ちょうど今、2回目上演中ですね。
「トリオ」やっぱり素敵なので、これからも色んなところで舞台化されたらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA