小さな親切。演劇大学もうすぐ。

自転車がパンクしてしまい、
市電で出勤しました。
電車に乗ってから財布を忘れたことに気づきました。
隣に座っていたおじいさんに、150円借りました。
メモに住所とお名前を書いて頂こうとしたら、
いいですよ、差し上げます、と。
お気をつけて、と降りて行かれました。
見知らぬ人の親切に支えられて生きているなと思いました。
テネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』の
ブランチのラストの台詞を想い出します。
****
さてさて、演劇大学in熊本2008も近づいてきました。
八千代座での講座もまだまだ受付中。
奮ってご参加下さい。
詳細はこちら。
http://jdak.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA