てんき

縁は異なものだなぁと思う。
例えば10年前は、自分がこんな生活をしているなんて想像もしなかった。
村上春樹の小説だったか、
『ある出会いによって確実に開く扉があって、同時に別な世界への扉は固く閉ざされる』
というような記述があった。
そうなんだよな。
この週末は、色々なことがあった。
私はまだ、1年後の自分さえ想像も出来ないのです。
良いとか悪いとかではなくて。
懐かしい人に会う。
飲んで、ついつい泣いてしまう、そんな一日でした。
たまには良いよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA