どうも肉を

食べたいらしい今日この頃、紫川です。
夢は願望を映すとは本当でしょうか。
あん肝と牛肉のステーキを食べる夢を見て、思い出すだけで胸焼けします。
「その時歴史が動いた」で廣田弘毅氏のことをやっていました。
編集の力なのか、すごく無力感が伝播してきてやるせなかった。
「外交官の一生」を読まなければ!と。
歴史や国際関係は教える人によっても、どういう視点で捉えるかでも全然違う。
頭を使わないと見誤ると最近特に思わされることが多い。
思っているより自分の中にあった偏見に気づく瞬間て薄ら寒い。
しかりとて 背かれなくに 事しあれば
 まづ嘆かれぬ あな憂世の中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA