怒濤の週末

先週末は、第七の公演『チョーク』。
同じ日程で、青年団プロジェクト公演『隣にいても一人-熊本編-』
出演者オーディションも行われました。
私はこの『隣』企画の、熊本側の制作もさせて頂いていまして
(演劇人協議会スタッフとして、ですね)
週末は、第七は任せて、オーディションについておりましたよ。
いやぁ、こんな色々な想いを一度に経験したことは
なかったです。
本当に貴重な日々でした。
とても刺激になりましたよ。
最終審査のレベルの高さはすごかったなぁ。
オーディションなのに普通におもしろかった。
キャストも、きっと誰がきいても納得、という
ひとたちに決まりました。
さぁ、良い公演にしますよ。
オリザさんに、バゲットをごちそうになりました。
そんな週末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA