お早めにお召し上がりください

mp3プレイヤー買いました、紫川です。
手塚治虫創作の秘密、という映像を見て。
〆切に追われて追われて、苦しんで苦しんで産み出す。
デビューして40年、画力の衰えとかスランプに悩みながらも。
「アイデアだけならバーゲンセールできるほどあります」
「まだ折り返し地点。あと40年はやりたい」
なんて、かっこいいんでしょう。
睡眠時間一時間でも頑張れる、その原動力はどこから?
続けられること、がすごいです。
倒産して借金取り来たら、自分ならもうくじけそうですけど、借金とりを待たせて漫画描いてた、なんて。
その情熱は…。
大阪が心のふるさとだったそうで。
行くと元気になれる、慰められる場所。
そういう場所があると強いのかもしれないですね。

「お早めにお召し上がりください」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    自分も日曜の夜中、見ていました。
    あんなふうに人間を「削り込んで」いかないと
    ものすごいものを作れないんだな、
    と思いながら。
    人間、ずば抜けて体が丈夫じゃないと
    こういう「身を削りこむ」生き方したら
    40年間「しか」たたかえないからこそ、
    いまの自分はどれだけやれるのかな、
    これからどれだけのことが出来るのかな。
    ・・・正直、怖いです。
    追記
    松竹新喜劇の藤山寛美さんと手塚治虫さんはジャンル、やり方は違うけど、
    おんなじ「身を削る」生き方をして
    60歳で亡くなった。
    ・・・偶然なのかなぁ。
    長文失礼しました。

  2. そうですね。太く短く、細く長く、じゃないですけど、どう生きたいかとか分からないですよね。
    なんかもう気持ちとか、気合とか…それは見栄だったり不純なものかもしれないですけど。
    そういう自分の中のものと闘って、勝ったり負けたりしていかないと、なのかもですね。
    寛美さんも番組で、合成とか使って、本名の自分と役者の自分とで対話する、というのがありました。そういうものを見ると痛々しいような、羨ましい様な気持ちが…。
    コメントありがとうございました。
    気軽にどうぞ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA