春の色

自然な色、というか透明だったり混ざっていたりという色で言えば青や緑がいいですが、
物の色、原色だと赤や黄色にひかれます。
春は淡い色のイメージ。
だからかもしれませんが、カラフルな物を身の回りに置きたくなります。
きっぱりしていて、強くて、主張している原色物。
ぐちゃぐちゃに色があってうるさい部屋にしたい。
子供の頃は、お金持ちになって「青の部屋」とか「赤の部屋」とか色々な部屋を作るんだ!と夢みたいなことを思っていました。
夢みる心は忘れないでいたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA