ワンテンポ遅れて

テーハミング、紫川です。
今頃「韓流」にはまっています。
韓国の女優さんがすごく可愛い人ばかりですごいです。
ナイスバディだし。
今はユン・ウネさんに夢中です。
可愛くて色気があるのに上品で、女性からみても嫌でない。
韓国ドラマを見ても女優さんに釘付けです。
自分の女の好みで言えば断然韓国が合うみたいです。
ちゃんと韓国語もマスターしたいものです。
ドラマに出てくる、家や食事、習慣にやはり韓国が出てます。
表情の演技がすごく求められていることとか、日本よりシビアな部分も。
いくらグローバル化といっても、作品作りにはその国民性とか常識とかは反映されるわけで。
面白いです。
時代やそのひとの価値観思考とかももちろんそうですが。
時代考証は難しい。
それを実現させる、例えば衣装とかに反映させることは。
鈴木忠志さんの「オイディプス王」など見ても、やはり日本人ならではの演出とか作品だなと思います。
イワーノフでも、演歌が流れたりして。
野村万斎さんの舞台とかでもそうですが、その国ならでは、その人ならでは、な色がはっきりしていて。
それも面白さを構成している感じです。
カルロス・ゴーン氏が「我々がインドで商品を作るのは、コストが安いからではない。インド人特有の頭脳、発想が必要だからだ」
みたいな事を話されていたのを思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA