クマエン、見学。

さて、今月21日に迫っております若葉の輝き。
先日に引きつづき、今日は参加団体のひとつ、
熊大演劇部の稽古を見学に行きました。
私も熊大演劇部出身。
稽古場に行くと、なんとなく懐かしい気分になります。
今回クマエンが上演するのは、
第七インターチェンジの亀井さんの戯曲『線路』。
初演は2005年、東京のこまばアゴラ劇場主催『冬のサミット』に参加した作品でもあります。
私は制作を担当したこともあり、いろいろと思い入れのある戯曲です。
演出は、村上精一くん。
クマエンと夢桟敷に所属、活発に活動している若手のひとりです。
***
稽古を見て。
テキストに誠実に、でも必要以上に束縛されずに演出されているように思いました。
あぁ、そうくるのね、っていうところもあって。
おもしろくなりそうです。
若葉の輝きブログ
senro
写真:キャストのクマエン吉岡ちゃん、きららの瞳ちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA