カテゴリー別アーカイブ: イベント・告知

第七インターチェンジ第14回公演『チョーク』

情報アップしました。
http://info.tenkai.org/item/246
***
新作『チョーク』。
読み合わせに立ち会っては、
『これどうやって上演するんだろう?』と頭をひねる(頭を抱える…)日々です。
それは劇作家も同様に。
劇作家と演出家、同じ人物ですが脳内に同居はしていないようです。
今回は、ですけど。
攻撃的な本だと思いますよ。

【演劇大学】絶賛受付中

演劇大学2007in熊本
受講、絶賛受付中です。
どの講座も本当におすすめです。
個人的に、福田善之さんが故木下順二さんについて語るレクチャーにはとても興味があります。
木下さん、飛行機がお嫌いで劇作家大会に来られなかったんですよね…。
—-
神奈川県芸術文化財団さんからDMが届きました。
山崎バニラさんの活弁のチラシが入っていて
すごく行きたくなりましたよ。
バニラさんのビジュアルは素敵ですねぇ。
銀髪、おかっぱ、着物。
でも神奈川は遠いなぁ。

演劇大学2007 in 熊本。

アベです。
春の雨でしたね。
この季節はなんとなく落ち着きません。
髪型を変えてみました。
女性にとって、髪型を変える、ということはなんらかの代償行為でもありそうです。
まあそんなことはどうでもいいのですが。
日本演出者協会主催の演劇大学2007in熊本。
演劇大学とは、舞台芸術の世界で第一線で活躍する講師陣による、集中講座です。
これからの演劇界を担う演出家と俳優の育成を目的として、全国各地で開催されています。
これまでの開催地は、札幌、横浜、米子、仙台など。
今年5月は、熊本で開催。
転回社も制作協力していますよ。
まだ調整段階ですが、現時点では↓こんな感じ。
たくさんのご参加をお待ちしています!
—-

◎熊本リージョナルシアターvol.3 関連事業◎
演劇大学2007 in 熊本
演出家・俳優<養成セミナー>

■日時
2007年5月11日(金)~13日(土)…オープニング講座
2007年5月18日(金)~20日(土)…本講座
■会場
熊本県立劇場
■オープニング特別講座
講師 流山児祥+小林七緒[流山児★事務所]
■本講座
講師 ◎天野天街+夕沈[少年王者舘]
    ◎和田喜夫[楽天団]  ほか
■シンポジウム
講師陣によるシンポジウムを開催します。
■受講料
・講座…5000円
3日間通し講座(シンポジウム入場料含む)
・シンポジューム入場料…1000円
・講座見学料…3000円(シンポジウム入場料は含まれません)

青年団プロジェクト公演『隣にいても一人』―熊本編―

青年団プロジェクト公演『隣にいても一人』

というわけで、全国4ヵ所(青森・三重・広島・熊本)で、
その地域の役者さんが平田オリザさんの演出で創り上げる、
それぞれの『隣にいても一人』。
最終的には、すべてのバージョンが東京・こまばアゴラ劇場で競演!
という、すごい企画です。
九州からは、熊本編。
12月に熊本県立劇場にて上演予定です。
転回社も、微力ながら地元側で制作を協力させて頂いてます。
そこで、
『隣』熊本編に出演して頂くキャストを、オーディションにて募集いたします。
オーディションの概要は以下の通りです。
—-
■日時
6月15日(金)~6月17日(日)
■場所
熊本県立劇場第二練習室
(熊本市大江2丁目7-1)
■内容
一次:書類選考…2007年6月8日(金)必着
二次:実技審査(簡単な本読みと面接)…2007年6月15日(金)、16日(土)
三次:ワークショップ…2007年6月17日(日)全日
四次:最終面接…三次審査終了後、引き続き最終面接を行います。
■お問い合わせ
青年団 03-3469-9107
—-
オーディションの申込み用紙は、青年団のサイトからダウンロードできます。
(熊本編は近日中にアップ予定)
都合で本番に出演できないという方は、ワークショップとしての三次審査参加もOKです。
(二次審査に合格された場合のみですが)
平田オリザさんに、演技をみて頂けるチャンス。
是非この機会に、たくさんの方に応募して頂きたいです。
***
この企画、個人的に良いなぁと思うのは、
ほんとうに地域と東京が協働で作品を創り上げることができる、ということ。
地元に財産として残るような作品に、したいです。
※あ。
実は『隣』のオーディション、日程が
第七インターチェンジの次回公演とまるかぶりです。
第七側、どうしても日程の都合がつかず。
えーと、二次審査は15日(金)・16日(土)のどちらか
ということなので、
金曜に受けられる方は、よかったら土曜に観にきてください><
私はずっとオーディション会場にいる予定です。
おぉぉ…。
がんばります。

第七インターチェンジ次回公演『チョーク』キャスト募集ワークショップ

第七インターチェンジは第14回公演『チョーク』(6月16日~17日)に向けて、
キャスト募集のオーディションを兼ねたワークショップを行います。
詳細は以下のとおりです。
このワークショップに参加したら必ず公演に参加しないといけない、というわけではありませんので、
ちょっと雰囲気を感じてみたいという方、
単にワークショップとしての受講もOKです。
どうぞお気軽にご参加くださいね。
—-
第七インターチェンジ第14回公演『チョーク』
キャスト募集ワークショップ

■日時
4月1日(日) 13:00~17:00
■場所
熊本市大江公民 和茶室
熊本市大江6-1-85
地図
■参加費
無料
■対象
高校生以上の男女で、自分を表現することに興味がある方。
演劇経験の無い方、大歓迎です。
※高校生のご参加は保護者の承認が必要です。
■内容
簡単なストレッチ・発声の後、次回公演『チョーク』テキストの読みあわせ等を行います。
■応募締切
3月30日(金)
■申し込み方法
お電話・FAX・E-mailにて、
ワークショップ参加希望の旨 転回社までご連絡ください。
□■□転回社□■□
〒862-0976
熊本市九品寺3-16-18-203
TEL/FAX 096-366-0266
携帯 090-1972-5164(アベ)
E-mail office@tenkai.org

転回社プロデュースvol.2『若葉の輝き』のお知らせ

熊本の若手演劇人によるイベント『若葉の輝き』を開催します。

転回社プロデュースvol.2
wakaba

若手演劇人が、熊本のホールに集まった!
若手ならではのパワーとアイディアに溢れたステージが次々に展開される数時間にどうぞご期待ください。
■日時
07年3月21日(水・祝)
14:00~20:00まで随時開催中
※各公演、開場は開演の30分前
■会場
熊本市総合女性センター 多目的ホール
■料金
前売1000円 当日1500円
※チケットは一日通し券となっておりますので、全ての公演をご覧いただけます。
■お問い合わせ
若葉の輝き制作部
mail wakaba@tenkai.org
tel 090-7985-5474(田中)
<スケジュール>
14:00
知的自転車リーディング公演
(演出:亀井純太郎)
第七インターチェンジの劇作家・演出家でもある亀井純太郎の演出によるリーディング公演。
椅子に座って戯曲を読むリーディング。
その一見静かな空間から、どんなドラマが展開するのか。
—-
16:00-
劇団蟹工船公演
「誰が何処で間違ったのか。」
(作:田中瞳 演出:工藤ケンジ)
劇作家としても期待の若手 田中瞳(劇団きらら)が書き下ろすオリジナル作品。
戦前の日本。
国家のたどる道に不安を抱き、「このまま生きていたくもないが死ぬ勇気もない」と吐き捨てる青年が2人の女性と出会い、やがて・・・
-選んだ道は間違っているのだろうか。-
10代の劇作家が描く、人間臭くセンチメンタルな世界。
—-
18:00-
熊本大学演劇部公演
「線路」
(作:亀井純太郎 演出:村上精一)
前回公演「ビューティフルサンデー」での丁寧な作品作りが評価された熊大演劇部による約90分の舞台。
とある目的のために集まった3人の女。
孤立した彼女たちは、何を求めて道を進むのだろう。絡み合いながら進む先にあるものは…
—-
●各公演の合間
TFM(タケシタエフエム)
ディスクジョッキーHallのおしゃべりタイム。
何が飛び出すかわからない!